インプラントにして良かったこと

虫歯によって抜歯になり、歯がなくなってしまった部分をインプラントにしました。費用は高額でしたし、保険が適用される方法もあったのですが、結果としてインプラントにしてよかったと思っています。

チタン - 語源由来辞典

というのも、私が歯を失ってしまった部分は口を開けると割と目立つところだったので、見た目が自然なもののほうがよかったんです。それにインプラントは自分の歯と同じように扱えると聞いていたので、抜歯したことを他の人にも知られにくいですしね。言葉の発音も自然ですし、私の周囲で私が抜歯をし、インプラントにしていることは、親しか知りません。それくらいいつも通りの生活ができているのです。



それに、歯ってこれから先一生付き合っていくわけじゃないですか。足や手ももちろんそうなんですけど、歯があることでご飯を食べられるわけですし、その歯に高いお金を払うことはなんにも間違いじゃないと思います。違和感があったり他の健康な歯をあえて削ったりしなければならない治療よりも、できる限りいいものにしようという考えは大切なんですよ。安物買いの銭失いといいますからね。

歯周組織の構造

インプラントは手術が必要ですし、口とは言え頭部に人工的なものを埋め込む上に、施術には高い技術力が必要になる治療法です。最近注目されるようになったため、まだ前例や過去の体験談も少なく、不安な部分が大きいでしょう。なかなか判断が難しいものだと思いますが、少なくとも今、私は後悔していません。歯科医師や他の人の意見、メリットやデメリットをしっかり踏まえたうえで、最善の判断をしてもらえればと思いますよ。